印鑑は日本の社会のスタイル

  • RSS

初めて自分の印鑑を持ったのはいつごろですか。
恐らく、学校を卒業し、社会に旅立つ頃という人が多いのではないでしょうか。
そのときの印鑑が俗に言われる、普通の印鑑だという人とシャチハタタイプだという人それぞれいると思います。
では、なぜ、社会に出るときに、印鑑を持つ人が多いのでしょうか。

それは、日本という国の昔から続く体制のように思います。
ちゃんとした公的文書や書類の決裁には必ず印鑑を使います。
また、簡易的な書類や社内間の書類、封筒の閉じ口にも印鑑は使われています。
簡単にあげてみてもこれだけの項目にさまざまな印鑑が使われているのです。
これは、おそらく日本ぐらいのものでしょう。
海外では、公的文書などでも、ペンを使ってサインしている光景を見るので、そう思います。
そういった日本の社会スタイルに対応すべく、社会に出るときに自分の印鑑を持つ方が多いのです。

近頃では、朱肉を付けて使う印鑑より、シャチハタを使っている方が多いですよね。
シャチハタは、中にインクが入っているゴム印で、インク切れを起こしていない限り、それだけで、判を押せるという便利な商品です。
出勤簿や認印に使ってる人も多いでしょう。
シャチハタは、印鑑を多く使う日本人にとって、とても便利な商品です。
ある程度の苗字であれば、店頭に並んでいますし、珍しい苗字の方はオーダーもできます。
ただ、ちゃんとした書類には、朱肉を付けて押す印鑑が必要です。
これから社会に出られる方は、自分の持つ自分の印鑑について、再確認してみても面白いのではないでしょうか。



~ 注目のWEBサイト情報 ~

<早く作れる!>簡単名刺

仕上がりイメージを確認しながら、簡単名刺作成!
文字の種類やレイアウトはもちろん、QRコードも追加して自分だけのオリジナル名刺も作成できます。

詳細は名刺やショップカードの作成、印刷のSPEED名刺館から

このページの先頭へ