シャチハタではダメ

  • RSS

社判とは、会社の社名や住所などが押せる印面の四角い印鑑のことです。
わたしたちが普段よく、目にするところでは、契約者や請求書や領収書などに捺印されている会社が多く見られます。
では、この社判というのは、ただ単に、会社の署名みたいなものなのでしょうか。

いいえ、それは違います。
この社判というのは、その会社が、この書類の効力を了承しているという証の判なのです。
個人の印鑑とは少し違いますが、あえて、個人の印鑑で例えると、認印のような役割でしょうか。
最初にこのような言い方をしてしまいますと、社判は、何かものすごい、責任感がある印鑑のように思われますが、そこまで気負いすることはないです。

確かに、この社判を押すとなると、それなりの責任感は必要ですが、印鑑の種類という面から見ると、ゴム印といわれる種類です。
ゴム印とは、印面がゴムでできている印鑑で、シャチハタなどがこの種類です。
もちろん、シャチハタタイプでこのような印鑑を作ることも可能です。
シャチハタと聞くと、少しは、親しみやすくなりましたか。
シャチハタでは、大きなサイズの印鑑、特に社判などはオーダーになると思われます。
オーダーとなれば、価格も少し高くなってしまうでしょう。
しかし、公的文書以外の書面の押印は、会社としても非常に多い作業です。
これらに使うことのできるシャチハタは、便利なものだと思うので、会社を経営されている方や会社で重要なポストにつかれている方は、自分の会社の社判を1つくらいは作っておいて、必要に応じて使い分けるのも良いのではないかと思います。



【注目サイトピックアップ】

高品質な印鑑を安く作りたい方、必見です!
個人印鑑から法人印鑑まで徹底比較!
《印鑑ネット》は、はんこの購入をサポートする印鑑情報サイトです。

印鑑を使う目的
http://www.actionnw.net/
銀行用の印鑑の規定
http://www.albertcove.com/

このページの先頭へ